土地屋調査士の苦労と将来性

《資金や経費はさほど掛からない》

土地家屋調査士として独立・開業するにあたっての、元手はそれほど掛からないのですが、機材費用は意外と掛かるみたいですね。
測量機器・電話やFAX・パソコン関連や事務用品、自家用車などで足ります。
また、機材費用が意外と掛かるみたいなのですが、全てを購入する必要はありませんしリースもあります。
土地家屋調査士は、それほど高額な機材が必要な訳でもありませんし、
また、事務所に関しては、本人さえよければ自宅の一室でもやっていけないことはないので、事務所を借りないならその分コスト削減出来ます。
また、開業後の費用もさほど掛かりません。
しかし、もっとも大きいのは人件費です。登記には最低でも1人くらいの補助者が必要な所ですので、その点は頭に入れておきましょう。
つまり、工夫すれば開業資金も経費もおさえて開業・運営していけるということです。